高瀬石仏(大分県)

大分市の大字高瀬に、優れた石窟形式の磨崖仏があり、高さ1.8m、幅4.4mと規模はそれほどですが、期待以上の作でした。

岩面を深く彫り込んだ中に、胎蔵界大日如来を中心に珍しい組み合わせのキャスティングで左右を固めています。

中央が大日如来
大威徳明王さんは力作でした
石仏の深沙大将は初めてです
深沙大将といえば、おなか♡
如意輪観音さん(左)と、馬頭観音さん(右)

造立年は平安時代末期と考えられているようですが、それにしても大分の磨崖仏は臼杵石仏を始め、はっきりとした記録が無いものが多いようです。それだけに文化財との会話が一層深まり、ついつい時間を忘れてしまいます◎

コメントを残す