日吉塔(大分県の石塔)

大分県臼杵市の国宝石仏群の向かい側に満月寺というお寺があり、境内の隅に通称「日吉塔」と呼ばれる石塔があります。

日吉塔は高さが4mもある大型の宝篋印塔で、完成度の高さでも国内屈指の作だと思います。塔身に作られた奉籠孔を見ていると、単なる供養塔では無いように感じました。

塔身正面に設けられた奉籠孔が特異です
笠の四隅をわずかに反らせていて、隅飾りも見事に合っています
基礎の格狭間

これほど完成度の高い宝篋印塔は他に知りませんが、臼杵石仏同様、造立年などの詳しい記録が無いようです。解説版によると1200年代の半ばと推定していますが、平安時代末期にまで遡る可能性もあるでしょう。

何れにしても国内の宝篋印塔としては、最大最古でかつ最美の遺品だと思います。

コメントを残す